イベント

2018. 2.26- 3.2 第32回コンピュテーショナル・マテリアルズ・デザイン(CMD®)ワークショップ を大阪大学大学院基礎工学研究科(豊中キャンパス)にて開催します。
Co-organized by Spintronics Design Course
2017.12.4-5 第22回「スピン工学の基礎と応用」研究会が大阪大学にて開催されます。
http://www.sanken.osaka-u.ac.jp/labs/qse/PASPS22/
Co-organized by CSRN and Spin-RNJ
2017.11.27 応用物理学会 第16回スピントロニクス入門セミナーが筑波大学東京キャンパス文京校舎にて開催されます。
https://annex.jsap.or.jp/spintro/stage1/schedules/seminar2017.pdf
Co-organized by JSAP, CSRN and Spin-RNJ
2017.10.27-28 第1回 CSRN-Tokyo Workshop 2017「新しいスピントロニクス機能材料の開発とその物性制御」を東京大学本郷キャンパスにて開催しました。
http://www.csrn.t.u-tokyo.ac.jp/workshop1/
Organized by CSRN and Spin-RNJ
Co-organized by the Spintronics Committee of JSAP
2017.10.26 日本学術振興会 研究拠点形成事業「散逸ゆらぎ制御ナノ電子フォトン国際研究拠点」と共催で東京大学本郷キャンパスにて、第23回 Core-to-Core若手研究者育成プログラムセミナーを開催しました。
http://www.bioxide.t.u-tokyo.ac.jp/core_event.html
Co-organized by JSPS Core-to-Core program on “Nanoscale electron-photon interactions via dissipation and fluctuation.”
2017. 9.27-29 Junjiro Kanamori Memorial International Symposium –New Horizon of Magnetism–
was held at Koshiba Hall, The University of Tokyo.
https://aquarius.mp.es.osaka-u.ac.jp/spintronics/hp/kanamori-memorial/index.html
Co-organized by CSRN and Spin-RNJ
2017. 9.11-15 第31回コンピュテーショナル・マテリアルズ・デザイン(CMD®)ワークショップ を大阪大学大学院基礎工学研究科(豊中キャンパス)にて開催しました。
http://phoenix.mp.es.osaka-u.ac.jp/CMD/
Co-organized by Spintronics Design Course
2017. 9.9 The 10th Vietnam – Japan Scientific Exchange Meeting (VJSE2017) was held at Toyosu campus, Shibaura Institute of Technology, Tokyo.
http://vjse.org
Sponsored by CSRN and Spin-RNJ
2017. 7.8 日本学術振興会 研究拠点形成事業「散逸ゆらぎ制御ナノ電子フォトン国際研究拠点」と共催で
Japan-France workshop on Nanoscale Electron-Photon Interactions via Energy Dissipation and Fluctuation をフランス・リヨンで開催しました。
Co-organized by JSPS Core-to-Core program on “Nanoscale electron-photon interactions via dissipation and fluctuation.”
2017. 6.27 日本学術振興会 研究拠点形成事業「散逸ゆらぎ制御ナノ電子フォトン国際研究拠点」と共催で東京大学本郷キャンパスにて、第21回 Core-to-Core若手研究者育成プログラムセミナーを開催しました。
http://www.bioxide.t.u-tokyo.ac.jp/core_event.html
Co-organized by JSPS Core-to-Core program on “Nanoscale electron-photon interactions via dissipation and fluctuation.”
2017. 6.4-8 9th Int. School and Conference on Spintronics and Quantum Information Technology (Spintech IX) was held in Fukuoka International Congress Center.
http://www.spintech9.iis.u-tokyo.ac.jp/
Co-organized by CSRN and Spin-RNJ
2017. 5.18 日本学術振興会 研究拠点形成事業「散逸ゆらぎ制御ナノ電子フォトン国際研究拠点」と共催で東京大学本郷キャンパスにて、第20回 Core-to-Core若手研究者育成プログラムセミナーを開催しました。
http://www.bioxide.t.u-tokyo.ac.jp/core_event.html
Co-organized by JSPS Core-to-Core program on “Nanoscale electron-photon interactions via dissipation and fluctuation.”
2017. 3.21-22 Spintronics and Core-to-Core Program Workshop “Computational Materials Design on Green Energy”を大阪千里阪急ホテルにて開催しました。
http://aquarius.mp.es.osaka-u.ac.jp/spintronics/hp/core2core2017/index.html
Co-organized by JSPS Core-to-Core Program
2017. 2.27- 3.3 第30回コンピュテーショナル・マテリアルズ・デザイン(CMD®)ワークショップ を大阪大学大学院基礎工学研究科(豊中キャンパス)にて開催しました。
http://phoenix.mp.es.osaka-u.ac.jp/CMD/
Co-organized by Spintronics Design Course
2017. 2.24 平成28年度 東北大学電気通信研究所 共同プロジェクト(S) 研究会
を東北大学にて開催しました。
2016.12.19-20 「量子コミュニティ」シンポジウムを慶應大学日吉来往舎にて開催しました。
http://www.st.keio.ac.jp/event/161219.pdf
http://www.st.keio.ac.jp/news/170119_001.html
2016.12.16-17 スピントロニクス入門セミナー を九州大学にて開催しました。
http://ssp.phys.kyushu-u.ac.jp/qnsp/Workshop/2016_JSAP_Spintronics-School/index.html
Co-organized by CSRN and Spin-RNJ
2016.12.15-16 Korea-Japan Spin-Orbit Workshop, Hakozaki Campus, Kyushu University
http://ssp.phys.kyushu-u.ac.jp/qnsp/Workshop/2016_JSAP_Spintronics-School/workshop_index.html
Co-organized by CSRN and Spin-RNJ
2016.12.12-13 第21回「スピン工学の基礎と応用」研究会を北海道大学にて開催しました。
http://www.ist.hokudai.ac.jp/labo/nanodev/pasps/index.html
2016. 9.18-30 EU-JAPAN Workshop on Computational Materials Design and Realization for Spintronics, Moltronics, Quantronics, Superconductivity and Topotronics, Peter Grünberg Institute, Jülich Research Centre, Jülich, Germany,
http://www.fz-juelich.de/pgi/EN/Leistungen/ConferencesAndWorkshops/EU-JAPAN-Workshop/_node.html
Co-organized by CSRN and Spin-RNJ
2016. 9.5-9 第29回コンピュテーショナル・マテリアルズ・デザイン(CMD®)ワークショップ を大阪大学大学院基礎工学研究科(豊中キャンパス)にて開催しました。
http://phoenix.mp.es.osaka-u.ac.jp/CMD/
Co-organized by CSRN and Spin-RNJ
2016. 8.8-11 第9回「固体におけるスピン関連現象の物理と応用」国際会議(9th International Conference on Physics and Applications of Spin-Related Phenomena in Solids, PASPS-9)を神戸国際会議場にて開催しました。
http://www.pasps9.org/
 2016. 6.10  大阪大学スピントロニクス学術連携研究教育センター キックオフシンポジウムを開催しました。
http://www.yoshidalab.mp.es.osaka-u.ac.jp/spintronics/hp/index.html
2016. 5.24 東北大学スピントロニクス学術連携研究教育センター キックオフシンポジウムを開催しました。
http://www.shirai.riec.tohoku.ac.jp/csrn/index.html
2016. 5.19 「スピントロニクス学術研究基盤と連携ネットワーク拠点」および「スピントロニクス学術連携研究教育センター」の発足を機に、5月19日(木)東京大学・本郷/弥生キャンパス武田ホールにて、キックオフシンポジウムを開催いたしました。
http://www.cryst.t.u-tokyo.ac.jp/SpintronicsCenter/
2016. 4. 1 「スピントロニクス学術研究基盤と連携ネットワーク(Spintronics Research Network of Japan, Spin-RNJ)および東京大学工学系研究科附属スピントロニクス学術連携研究教育センター(Center for Spintronics Research Network (CSRN))が発足しました。

研究成果

2017. 5.26 <UTokyo Research> Research News
磁性をデザインする新たな手法を開拓
-バンドエンジニアリングと量子閉じ込め効果を用いた磁化制御-
http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/utokyo-research/research-news/pioneering-new-methods-for-designing-magnetism.html
2017. 5.23 下記の研究成果が、プレスリリースされ、UTokyo Researchに掲載されました。
また、日経電子版、OPTRONICS ONLINEなどマスコミでも報道されました。
<プレスリリース>
バンドエンジニアリングを用いて磁性を人工的に制御できる新たな可能性を開拓 ~量子閉じ込め効果を用いた新たな磁化制御~
電気系工学専攻/スピントロニクス連携研究教育センター 田中雅明教授、大矢忍准教授、宗田伊理也特任研究員
https://www.t.u-tokyo.ac.jp/foe/press/setnws_20170523140647385782197839.html
https://www.t.u-tokyo.ac.jp/shared/press/data/setnws_20170523140647385782197839_369247.pdf
2017. 5.22 東京大学工学系研究科・田中・大矢研究室の宗田伊理也特任研究員、大矢忍准教授、田中雅明教授による研究成果「バンドエンジニアリングを用いて磁性を人工的に制御できる新たな可能性を開拓~量子閉じ込め効果を用いた新たな磁化制御」が、英国科学誌 Nature Communications に出版されました。
Iriya Muneta, Toshiki Kanaki, Shinobu Ohya, and Masaaki Tanaka
“Artificial control of the bias-voltage dependence of tunnelling-anisotropic magnetoresistance using quantization in a single-crystal ferromagnet”
Nature Communications 8, 15387/1-8 (2017).
https://www.nature.com/articles/ncomms15387
2017. 3.17 東京大学工学系研究科・田中・大矢研究室の若林勇希らによる論文が、Applied Physics Express誌の”Highlights” of 2016に選ばれました。
Yuki Wakabayashi, Kohei Okamoto, Yoshisuke Ban, Shoichi Sato, Masaaki Tanaka, and Shinobu Ohya, “Tunneling magnetoresistance in trilayer structures composed of group-IV ferromagnetic semiconductor Ge1-xFex, MgO, and Fe”, Appl. Phys. Express 9, pp.123001/1-4 (2016).
http://doi.org/10.7567/APEX.9.123001
selected as Highlights of 2016.
http://iopscience.iop.org/journal/1882-0786/page/APEX_Highlights_2016
2017. 1.27 Applied Physics Letters誌の発表:室温強磁性半導体(Ga,Fe)Sbを報告した論文 [Appl. Phys. Lett. 108, 192401 (2016)] が2016年Most Read Articlesにランクインしました。
http://aip-info.org/1XPS-4OFYS-4BJ9EWC562/cr.aspx
磁性分野では2件のみがランクイン(もう一件は熱アシスト磁気記録で10 Terabit/in2を報告した論文です)。本論文は応用物性のすべての研究領域(半導体、磁性、光など。。)において日本からの唯一ランキングに入った論文です。
2016.12.19 東京大学工学系研究科田中大矢研究室のレデゥックアイン助教、ファムナムハイ客員准教授、田中雅明教授による「スピン状態によって大きなエネルギー差が自発的に生ずるエネルギー帯構造を観測」した研究成果が、Nature Communicationsに掲載されました。

Le Duc Anh, Pham Nam Hai and Masaaki Tanaka

“Observation of spontaneous spin-splitting in the band structure of an n-type zinc-blende ferromagnetic semiconductor” Nature Communications 7, 13810 (2016).
http://www.nature.com/articles/ncomms13810
https://dx.doi.org/10.1038/ncomms13810

2016.12.19 下記の研究成果が、プレスリリースされ、UTokyo Researchに掲載されました。また、日経電子版、日刊工業新聞などマスコミでも報道されました。
<プレスリリース>
スピン自由度を用いた次世代半導体デバイス実現へ大きな進展 ~強磁性半導体において大きなスピン分裂をもつ電子のエネルギー状態を初めて観測~:電気系工学専攻 田中雅明 教授、レ デゥック アイン 助教ら
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/foe/press/setnws_20161220131227492413935565.html
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/shared/press/data/setnws_20161220131227492413935565_903088.pdf
<UTokyo Research>
スピン状態によって大きなエネルギー差が自発的に生ずるエネルギー帯構造を観測 - スピンを用いた次世代半導体デバイスの実現へ進展
http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/utokyo-research/research-news/study-picks-up-large-spontaneous-spin-splitting-in-the-energy-band-structure.html
2016. 10.31 矢崎科学技術振興財団による研究室訪問記が掲載されました。
http://www.yazaki-found.jp/search/recipient503.html
2016.10.28 東京大学工学系研究科田中・大矢研究室の若林勇希君らによる論文が、Applied Physics Express, 2016 Spotlight に選ばれました。

Yuki K. Wakabayashi, Kohei Okamoto, Yoshisuke Ban, Shoichi Sato, Masaaki Tanaka, and Shinobu Ohya
Tunneling magnetoresistance in trilayer structures composed of group-IV-based ferromagnetic semiconductor Ge1-xFex, MgO, and Fe
Appl. Phys. Express 9, 123001 (2016)
http://iopscience.iop.org/article/10.7567/APEX.9.123001/meta

2016.8.11 Young Researcher Best Poster Awards were conferred on the following researchers and presentations from our CSRN/Spin-RNJ at the 9th International Conference on Physics and Applications of Spin-Related Phenomena in Solids (PASPS9), Kobe International Conference Center, Kobe, August 8-11, 2016.
http://www.pasps9.org/index.html

  • Le Duc Anh, Pham Nam Hai, and Masaaki Tanaka, “Spontaneous spin-split band structure of n-type ferromagnetic semiconductor (In,Fe)As observed by tunneling spectroscopy”
  • Yuki K. Wakabayashi, Ryota Akiyama, Yukiharu Takeda, Masafumi Horio, Goro Shibata, Shoya Sakamoto, Yoshisuke Ban, Yuji Saitoh, Hiroshi Yamagami, Atsushi Fujimori, Masaaki Tanaka, and Shinobu Ohya, “Origin of the large positive magnetoresistance in Ge1-xMnx granular films”
  • S. Sakamoto, Y. K. Wakabayashi, Y. Takeda, S.-i. Fujimori, H. Suzuki, Y. Ban, H. Yamagami, M. Tanaka, S. Ohya and A. Fujimori, “Electronic structure of the ferromagnetic semiconductor Ge1-xFex revealed by soft x-ray angle-resolved photoemission spectroscopy”
  • T. Nakamura, Y. Iwasaki, L. D. Anh, Y. Hashimoto, S. Ohya, M. Tanaka, and S. Katsumoto, “Josephson effect in Nb/(In,Fe)As/Nb junctions”
2016. 6. 28 田中・大矢研究室の研究成果:半導体の基礎物理学における新たな発見~半導体中に磁性をもつ原子を加えて強磁性にすることにより、伝搬する電子の散乱が抑えられ秩序が回復する特異な現象を初めて観測~ が、Nature Communications に掲載されました。
http://www.nature.com/ncomms/2016/160628/ncomms12013/full/ncomms12013.html
2016. 6 .29 下記の研究成果がプレスリリースされ、UTokyo Researchにも掲載されました。
<プレスリリース>
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/foe/press/setnws_20160629165157140380611381.html
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/shared/press/data/setnws_20160629165157140380611381_971740.pdf
<UTokyo Research>
http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/utokyo-research/research-news/new-discovery-in-semiconductor-physics.html
2016. 5. 9 田中・大矢研究室の高温強磁性半導体に関する研究成果が、Applied Physics Letters誌(Issue of May 9, 2016)に掲載され、FEATURED ARTICLEに選ばれました。
http://scitation.aip.org/content/aip/journal/apl/108/19/10.1063/1.4948692
同時に、AIP Publishingのハイライト記事AIP Publishing in the Newsに掲載されました。
https://www.aip.org/publishing/journal-highlights/best-both-worlds
PAGE TOP