東京大学 大学院工学系研究科

スピントロニクス学術連携研究教育センター

電気系工学専攻, 工学部 電気電子工学科

放射光電子分光研究室

小林正起 研究室 Kobayashi Group

About us

小林研究室では、機能性電子材料の物性解明や物質設計の指針を得ることを目的に、放射光を用いた電子構造解析の研究を進めています。

研究テーマ

主な研究対象は、スピントロニクスで注目を集める磁性半導体や、酸化物エレクトロ二クスに向けた遷移金属酸化物薄膜などの機能性電子材料です。

  • 強磁性半導体の強磁性発現機構解明
  • 遷移金属酸化物量子井戸の電子構造解析
  • 軟X線発光分光器の開発・立ち上げ
  • 燃料電池正極材料の劣化機構解明
  • 強相関電子系におけるディスオーダーの影響
  • 鉄系超伝導体の3次元バンド分散

研究手法

放射光を用いた様々な電子分光手法を用いて、物質の電子構造を調べています。

  • 光電子分光(PES)
  • X線吸収分光(XAS)
  • X線磁気円二色性(XMCD)
  • 共鳴非弾性X線散乱(SX-RIXS)
  • 角度分解光電子分光(ARPES)
  • Pulsed Laser堆積法(PLD for thin film growth)
  • X線吸収微細構造(XAFS)

News & Topics

  • ホームページ公開。(16, May 2017)
  • 小林研究室 発足。(01, Apr. 2017)